クレジットカードの元率とは

還元率の考え方①

さて、このサイトの本題と言っても過言ではない部分にさしかかってきました。

クレジットカードをお得に使用するためには色々と見ていかなければいけませんが、 まずはカードを選ぶために、着目したい項目、「還元率」についてみていきたいと思います。

すこし業を煮やすもどかしい部分がでてくるかもしれませんが、その際は一息ついて、じっくりと 読み進めてもらえれば幸いです。

基本的な「還元率」の意味さえ理解できれば、すんなりと 内容がはいってくると思いますので、ここは理解することを重点におき熟読してみてください。

千里の道も一歩から。

最初から達人になれる人なんて世の中にはいません。

 

是非、基本を身に着けると思って慌てずゆっくり読み進めてくださいね。

 

ポイント還元率ってなに??

すでにご存知の通り、クレジットカードは利用すれば”ポイント”が貯まります。

貯まるポイントや、そのポイントは発行会社独自のモノになります。

その貯まったポイントは品物に交換したり、金券に交換したり、商品券に交換したり、違う会社のポイントに変換したりすることができます。

その貯まるポイントが「どのくらい」貯まるのか。

つまり…。

「利用額の何%がクレジットカード会員に還元されるかの”レート(率)”」

のことを言います。

(※還元=手元にもどってくるお金と考えたほうがわかりやすいでしょうか。)

例をあげると…。

10万買い物をしたときに、500円分のなにかと交換できるなら還元率は”0.5%”になります。

1000円のなにかと交換できるなら還元率は”1%”になります。

 

還元率の定義については大方理解できたと思います。

 

では、簡単に、ポイント還元率の計算方法を参考までにみていみたいと思います。

 

ポイント還元率の計算方法

各々のクレジットカードにより、貸与されるポイントの率(量)は違いますので、 まずはじめに、自分のカードが何円で何ポイント貸与されるのかを調べる必要があります。

そして、何ポイントあれば何と交換できるのか?を調べる事が必要です。

その情報は各々のカード発行会社のページで見ることができますのでチェックしてください。

まとめると…。

 

①「何円の利用」で「何ポイント」GETできるのか

 

②「何ポイント」で「どれだけ」の「何」と交換できるのか

 

を知ることが必要だということです。

 

例を挙げると、某大手のクレジットカードの場合は下記の様なレートで計算されます。

1,000円のお買い物で→→「1ポイント」貸与されます。

「1,000ポイント」貯めれば→→「VISAギフトカード5,000円分」をGETできます。

つまり…「1ポイントあたり5円」と言うことになります。(5000円÷1000ポイント=5円ですね。)

故に…「1,000円のお買い物をすれば→→5円(1ポイント)還元」してくれるということになります。

ですので、5円÷1000円=0.005 →→故に、「還元率は0.5%」 となります。

ポイントが2倍貯まるキャンペーンや、入会キャンペーンなどによりポイントの貸与はおおきく変わりますが、 基本的なポイントの貯まり方を知っておけば計算することができます。

これが、還元率の基本的な計算方法です。

理解できましたでしょうか。

 

ここをしっかりと理解できれば、この後の章はすんなりと 頭に入ってくると思いますので、しっかりと理解してくださいね!

Copyright © 2013-2015 クレジットカードのいろは. All rights reserved.
FX取引通貨