クレジットカードのブランド

国際ブランド【JCB編】

クレジットカードの発行会社とは混合してしまっている方が多いですが、 クレジットカードには、「国際ブランド」と呼ばれる”モノ”があります。

一体、その”モノ”とはなんなのでしょうか。 実は、JCB、VISA、AMERICAN EXPRESS、Master Card…。

どこのカードをもってるの?

と聞かれた時に答えてしまう”あれ”です。 クレジットカードには、世界規格の国際ブランドが5つあります。 ここでは、それぞれについてみていきたいと思います。

JCB

テレビCMでもおなじみの、 JCB(Japan Credit Bureau[ジャパンクレジットビューロー])もそのひとつです。

JCBは日本で最も加盟店の数が多いブランドです。日本国内のお店でクレジットカードが使用できるなら 間違いなくJCBも使えます。

JCB

JCB自身が国際ブランドとして運営しながら、カードの発行会社も 行っているため、誤解を生みやすいのですが、これで意味を理解して頂けたと思います。

それにしても、世界に5つだけの国際ブランドに日本のクレジットカードの会社が はいっていると言うのは日本の誇りとも言えましょうか…。 大変名誉なことですね。これだけの大企業を要して世界的に発言力乏しいと言うのは 非常に遺憾な気がしますね。 ※ほっと一息※

日本国内で最も加盟店を持っているJCBですが、実は、海外では弱い一面もあります。

日本人観光客がよく行く観光地などでは問題なく使えますが、やはりまだまだ使えない 地域もあります。

海外に行く際は行く地域によって手持ちのカードを考えましょう! 余談ではありますが、アメリカののショップやホテルでもまだまだJCBの認知度が低い気がします。 現に、私が、渡米した時なんども断られたことがあります。 グアムのでかいKマートやウォルマートですら断られたことがあります。 (アメリカの従業員の怠慢で知らないのでできないと言われただけの可能性は十二分にありますが…。(苦笑) )

 

国際ブランド【VISA編】

日本が誇る国際ブランドJCBの次は、誰しもが一度は聞いたことのある 国際ブランド、「VISA」についてみていきましょう。

VISA

最近では女優の「観月ありさ」さんが、福沢諭吉や夏目漱石などと、一緒に踊ったり、会議したり とテレビCMでもよく目にすることが多くなってきたと思いますので、誰しもが一度、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

VISA

VISAカードは、アメリカを代表する「決済方法」を運営している会社です。 鳩のホログラムマークは周知のことでしょう。

アメリカの会社であるVISAですが、日本国内でのイメージは相当なものだと思います。 VISA=三井住友と思う方がいるのではないでしょうか。これは上手にブランディングされ、 上手にマーケティングされたすばらしい実例でしょう。 このイメージがあるのは、三井住友カードの前に、住友クレジットカードという会社が存在した のですが、その会社がVISAと提携しブランドの推進に一役買ったからに他なりません。

ここで、しっかりと認知して頂きたいのは、VISAはクレジットカードの発行は【行っていない】ということです。 あくまでもVISAインターナショナルが管理する「決済機関」と言うことです。 クレジット発行会社ではありませんのでご注意ください! これをしっかりと頭に入れておかないとまた後で混乱してきますので、この時点でわからない方は、 もう一度、VISAの項目を頭から読み返してください。

では、世界中でよくみる「VISA」のマークはなんなのでしょうか。

これは、VISAインターナショナルが「VISAを発行していい権利(ライセンス)」を 発行していて、そのライセンスを取得できた会社だけがVISAブランドのついた クレジットカードを発行することができるという意味になります。

世界レベルで加盟店が非常に多く、世界の多くの場所で認知されているブランドと 言ってても過言ではないでしょう。

そのブランドのクレジットカードを発行するのは非常に名誉なことで、 信頼につながるので、どんな会社もVISAのクレジットカードを発行したがるのです。

 

Copyright © 2013-2015 クレジットカードのいろは. All rights reserved.
FX取引通貨