クレジットカードのり方や

申し込み方法について

申し込み方法などクレジットカードの大体の基本がわかったところで、一般的なクレジットカードの申し込み方法について見ていきたいと思います。

各種、申し込み方法のメリット、デメリットはそれぞれです。ここでは3種類の一般的な申し込み方法についてみていきます。

①申込書を郵送で申し込み

メリット

アナログでの申込書を記入するので、ゆっくりと記入することができる。 誰しもが経験のある、インターネットなどの接続が悪く、うまくフォームを送信できず、 すべて消えてしまったなどのミスがない。

デメリット

クレジットカードの発行までに時間がかかる場合が多い。 審査に2週間~3週間程かかるところが多い。審査が長い所だと1ヶ月ということもあります。 また、プリントアウトをして、はがきの形に申込書を組み立てるタイプのものがあります。 プリントアウトや、組み立てに時間を要するのはデメリットでしょう。 また郵送の方法だと、入会特典がない場合も多いです。 ネットはコストがかからない分、最近では推奨されたり、恩恵を受けたりなどあります。

next

②インターネットで申し込み

メリット

自宅などで自分のペースで申し込みをすることができる。冷静な判断をすることができる。などは メリットでしょう。また、郵送する手間を省くことができ、郵送の配達されるまでの期間を短縮できるため、 発行されるまでの時間が短くてすみます。 また、オンライン限定の入会キャンペーンを行っていることが多く、得をするケースがよく見られます。 最近ではネットでの申請をしてもらった方が、発行会社としても管理もしやすく、コストもかからないので、 入会特典をつけたりとネットからの申し込みにしようと薦めている雰囲気があります。

デメリット

インターネット環境の悪いところ以外ではあまりデメリットを感じることはないかもしれません。 間違えて記入してしまった場合に、再度申請をしないといけないというリスクあるくらいでしょうか。

next

③店頭で申し込み

メリット

わからないことがあればその都度、担当の人に聞くことができる。記入が間違っていても、 その場で直してくれるので、再度、申請をしないといけないなどのまどろっこしさがない。 また、店頭限定の入会特典がある場合が多い為、これもかなりのメリットでしょう。

デメリット

少し話を聞くだけの予定がついつい作ってしまった。。など、冷静な判断をしにくいことが、 一番のデメリットでしょう。店頭限りのキャンペーンなどといわれてしまうと乗ってしまうのが人間と いうものではないでしょうか。

申し込み後の流れ

それぞれの申し込みの方法を見ましたが、どれも一長一短です。 ご自身にあった、そしてご自身が納得する方法で申請してください。 また、店頭などで申し込む場合は、しっかりと事前調査し、納得のいくないようか 吟味してから申し込むようにしてください。

自分に合ったクレジットカードを持たないと当サイトを読む意味がありません。 そのあたりは十分に注意してくださいね。

上記のいずれかの方法で申し込みが完了した後どのようになっているのか気になったことはありませんか? 申し込み後にどのような処理が行われているのか簡単に見てみたいと思います。

上記のいずれかの方法で申し込みが終わった後、発行会社が規定に沿った入会審査を行います。

冒頭でも述べましたが、クレジットカードをもつ=クレジットカード会社の会員になるということです。

発行会社はあなたが会員になるのが相応しいかどうか(支払い能力をしっかりもっているのかなど)を見ています。クレジットカードは前の章でも述べましたが、クレジット=信用になります。つまり、「信用カード」と言う事です。 ですので、社会的にあなたを信用をできるかどうかを総合的に判断します。

その際に、判断基準の主となるのが、

「年収」、「持ち家の有無」、「勤務先」、「勤続年数」、

「個人信用機関への紹介 (消費者金融や他のクレジットカードに関する情報)」

つまり契約内容や利用状況、借りたお金の返済の状況などの、個人的な経済的信用関わる情報を見ることができる機関です。

過去に金銭的なトラブルがあった場合や自己破産、任意整理などを行った場合はここに登録されます) 一口に審査と言われていますが、この様なことを洗いざらい調査しているのです。 あなたがもし、勤務先を詐称したり、生年月日などを詐称したりしてもすぐにばれてしまいます。 この様な入会審査が終わった後に結果が来るわけです。

クレジットカードの審査に時間がかかる理由が少しはわかってもらえたでしょうか。

とても審査が早い会社もありますが、これはカード会社の審査の基準が一般的なものよりもゆるいのでしょう。 個人信用機関への照会だけで判断しているところもあると聞いたことがありますが、 このあたりはブラックボックスなのでこれ以上は触れないようにしておきます。

この審査を超えると、メールや郵送で結果が返ってくるのです。 もちろん、審査に落ちることもあります。その際は、落ちた理由を探り対策をして次の行動をしないといけません。 闇雲に同じカード会社に連続で申し込みなどをすると、ブラックリストに載る可能性が大いにあります。 そのあたりは別途、みていきたいと思います。

この様な流れを汲み、クレジットカード(信用)を無事手にすることができるのです。

Copyright © 2013-2015 クレジットカードのいろは. All rights reserved.
FX取引通貨