イントの考え方

ポイントの考え方①

いろはの「ろ」に入っていきます。ここではポイントの考え方について書いていきます。

還元率、還元率と連呼し、おすすめのクレジットカードをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ご自身にあったクレジットカードは見つかりそうでしょうか。


この項からは少し、話をもどして、そもそも「ポイントとは何だろう」と言うところをみていきたいと思います。


ここから先の章はもっと知識を深めて、もっと勉強したい、もっとお得な方法があるのでは!?
と信じてやまないPCの前のあなたのために見ていきますので、じっくりと読み進めて頂けると光栄です。

■クレジットカードのポイントの正体とは①


前項から、ポイントが貯まればなどと、やたらと出てきた「ポイント」と言う言葉。


なんで、利用するだけで勝手にポイントが貯まっていくのだろうか…。
そう、思った方も多々いらっしゃると思います。


実は、このポイントを知るには、「Aクレジットカードの仕組み」の「仕組み④」の「■発行会社、会員、加盟店の関係性」でみた、「加盟店」とその実態があったと思いますが、その加盟店の【加盟店の手数料】の実態をもう少し詳しく紐解いていく必要があるのです。

 

少し業を煮やすこともあるかもしれませんが、辛抱して読み進めてください。


言葉だけ聞けばとても難しく聞こえますが、そんなに難しいことではありません。


クレジットカードの「加盟店手数料」とは…。
クレジットカードを使われたお店(あなたが使ったお店)がクレジットカード発行会社に支払う手数料のことになります。


この手数料は「クレジットカードという仕組みの使用料」の様なものだと考えるとわかりやすいかもしれません。

例えば、消費者であるあなたが、お店で10000円のお買い物をしました。
その支払い方法にクレジットカードを利用しました。
その際に、支払われたお店(サービスを提供したお店)がクレジットカード発行会社に手数料を払うということです。

 

どうでしょうか。とても簡単だと思います。


この加盟店手数料がどのように、ポイントの正体につながっているのか…。
事項で詳しく見てみたいと思います。

 

Copyright © 2013-2015 クレジットカードのいろは. All rights reserved.
FX取引通貨