何と換が効率いいのか

何と交換が一番効率よいか①


クレジットカードのポイントの正体、仕組みがわかって頂けたと思います。
さて、次からはクレジットカードのポイントの賢い使い方についてみていこうと思います。
さっそくなのですが、クレジットカードのポイントはどのような物に交換することができるのでしょうか。
交換の効率と共に少し覗いてみたいと思います。

■キッチングッズ
最近では、結構高価なモノと交換できる様になってきました。
ホームベーカリーや圧力鍋、また流行のタジン鍋やスチームケース、またルクルーゼのお鍋、
有名な包丁など、自分ではあまり購入しなさそうなお品が軒並み紹介されていたりします。
ついつい自分では買わない&少ないポイントで交換できるため交換したくなるが…。

交換効率・・・【×】
交換効率で考えると非常に効率が悪い商品になります。
キッチン用品を定価でポイントに変えるのは非常に効率が悪いので
できる限りやめましょう。原価的に見ても効率が非常に悪いです。

 

 

■家電製品
最近では、結構高価なモノと交換できる様になってきました。
コーヒーメーカー、炊飯器、美容で言うと、美顔機、ドライヤー、ヘルスメーターなど、自分ではあまり購入しなさそうなお品が軒並み紹介されていたりします。
ついつい自分では買わない&少ないポイントで交換できるため交換したくなるが…。

交換効率・・・【×】
交換効率で考えると非常に効率が悪い商品になります。
家電製品を定価でポイントに変えるのは非常に効率が悪いので
できる限りやめましょう。原価的に見ても効率が非常に悪いです。

 

 

■優待券
宿泊の優待券であったり、飲食店の優待サービスであったりと交換できる事があります。
クレジットカード会社の提携があったりするので、こういう商品は原価的にみても非効率でしょう。

交換効率・・・【△】
交換効率で考えると効率が悪い商品になります。
クレジットカードの交換でしか受けることができない、限定のサービスなども
ありますので、キッチン用品などに比べると、効率としてはましです。
ですが、できる限りやめましょう。原価的に見ても効率が悪いです。

 

 

■キャッシュバック
一番、効率のいい様に見える、キャッシュバック。
現金にすることができるので、原価率などを考慮する必要はありません。

交換効率・・・【△】
キャッシュバックは各クレジットカード会社により、効率がまちまちです。
各クレジットカード会社の交換率を考え、他の商品と比べる必要があると
思います。

 


■他社ポイントへ移行
交換率を見たときに、なかなかいい交換方法だと思います。
どの会社へのポイントへ移行するかによりますが、ポイントのそのままの価値で使うことができるので、交換率が良いことがおおいです。

交換効率・・・【○】
各クレジットカード会社により、交換できる、移行できる先などは違いますが、
ばらつきは少ないと思います。交換率という観点でみると交換効率がよい方法となります。

 


■商品券、ギフトカード
交換率を見たときに、一番効率がいい交換方法だと思います。
お金と変わらない価値にもかかわらず、交換率が良いことがおおいです。

交換効率・・・【◎】
各クレジットカード会社により、交換できる商品券などは違いますが、
一番ばらつきが少ないと思います。交換率という観点でみると
一番交換効率がよい方法となります。

 

 

Copyright © 2013-2015 クレジットカードのいろは. All rights reserved.
FX取引通貨